借金400万返済方法の苦労で債務整理するか悩む!

私は、自他共に認める借金人間です。
現在は、400万ほど借りています。
若い頃から借りたお金の返済に勤しむのが当たり前のような生活を送ってきました。

確かに、お金を借りて返すことは苦痛です。
借金返済は楽ではありません。

しかし、その苦痛も当たり前のようになっているのです。
特に「借金400万の返済方法が苦しくて大変だ」と感じるようなことはありませんでした。

しかし、そんな私もここ数年は状況が違ってきました。
歳を取って50代となって、体も衰えてきましたし、仕事でも私生活でもだんだん無理が利かなくなってきたのです。

それに少し仕事が忙しくなってくると、思わず「ああ、疲れたな」という言葉が口から出てきてしまうのです。

こんな状態ですから、最近では若い頃とは違って、苦痛が骨身に染みてくるような時があるのです。

私の支払いは、計算上では、あと5年くらいで完済できそうな見通しですが、自己破産で債務整理したい気持ちもあります。

しかし、「さあ、あと5年頑張ろう」という気持ちより、「あと5年も頑張れるかな」などという弱気な気持ちのほうが強くなってしまいました。
借金400万返済方法として自己破産で債務整理すれば、チャラになると考えたら尚更です。

とにかく、同じような生活でも、若い頃と歳を取ってきた後では全然違います。
特に風邪を引いて熱を出してしまったような時には、本当に苦労が骨身に染みるのです。

これをお読みの若い皆さん。
もし借入がおありなら、是非とも40代までに完済しておくことを強くお勧めします。
私のように、年を取ってから、後悔することになります。

参考:借金400万の返済方法で債務整理した体験談

クレジットカードで借金400万、返済方法で債務整理するか悩む!

初めて借入をしてから現在に至るまで計算してみました。
なんと、約400万円の残高に膨れ上がっていました。
借りたお金の借金だけではなく、他にも色々とありました。

未払いの携帯電話の料金、ローンの未払い、付き合っていた人から借りているお金。

積もりに積もって400万円。
もちろん借金返済する気持ちはあります。

しかし収入と支払い額が上手く噛み合わないのが現状。
その中でも特に悩みの種になっているのが、クレジットカードの支払いです。

人から借りているお金などと違い、滞っていると利息だけで金額が増えていきます。
一度借金について考えた事があり、自己破産で債務整理をするべきなのかどうか悩みました。

しかし、人から借りているお金もある為に色々な事情もあり、自己破産で債務整理に踏み切る借金返済方法に至りませんでした。
まずはクレジットカードから済まそうと考えています。

利息が増えるのは少し納得がいかないので、過払い金請求で債務整理の相談をするつもりではいます。
自己破産する方法は、やはり嫌なので。

若気の至りで使いすぎた事を今になって後悔する毎日。
確かにクレジットカードは便利なのですが、借金に変わってしまっては意味が無い。

借金400万の返済を早く済ませて、また上手にカードでお買い物をしたいですね。
なんだかんだ言ってもクレジットカードは便利な方法なのです。

借金400万返済方法の債務整理で弁護士相談

支払い困難な状況に陥ったとき、私は問題を解決するための借り入れをしました。
その行為が実を結ぶかどうかについて確信が持てませんでしたが、今では決断をして良かったと思っています。

まず、当時の借入総額は借金400万円でした。

総量規制対象外の貸主から借入をしていたため、このような金額にまで膨れ上がっていたというわけです。
借金400万返済方法のために借り入れたお金は24万円で、主に弁護士さんへの債務整理相談費用として使いました。

私のような素人でも法律家に相談をする場合には多くのお金が必要であることは自覚していましたが、予想以上の出費で驚いたことを覚えています。

時間内に借金400万の返済方法の相談内容を的確に伝えなければなりませんでしたが、その分不必要な情報を削った上で、債務整理の意思を伝えられました。

個人的な見解として自己破産しか方法がないと思い込んでいましたが、弁護士さんは任意整理が可能であるとの一点張りです。

よく調べてみると、公的機関が提示している悪徳業者の情報と、私がお世話になっていた消費者金融が一致したからというのが、大きな理由でした。

それまで気付いていませんでしたが、法外な利息を支払っていたようです。
その返済を無効にして、正規の貸金業者への支払いだけに絞ることで、自己破産ではなく、任意整理ができるようになったというわけです。